営業資料(チラシ)はプロに作成を依頼しよう

毎日隙間時間が無い状態で業務が進められているのに、上司などから急を要する営業チラシの作成を求められた場合は向き合う時間が確保できず、普段の業務もしくは営業チラシのどちらかが疎かになってしまいます。

 

営業チラシデザイン

作業時間が掛かりすぎてしまうリスク

良い案があったとしてもコンピュータの操作が苦手であれば時間を取ってしまいますし、逆に案が浮かばなければ時間だけが過ぎ去る上に、その分大量の用紙を手配したりインクの準備をするのにも遅れが生じ、全てがままならなくなります。

そうした問題を引き起こさないように回避できるのが、プロの製作者に対して発注することであり、自分自身の業務量が減少するのみならず、一般的なオフィスに設置されている機器に比べて高性能であるため、発色が良くて目を引く営業チラシが生み出されます。

最も顕著なのはカラー印刷をした時ですが、オフィス用もしくは家庭用のプリンターは内部に充填されているインクの種類が少ないため、限られた色だけを使って色を調整していかなければなりません。

そのため、パソコンのディスプレイ上では注目度が高い目を引く仕上がりになっていたとしても、いざプリントしてみるとくすんだ見た目になってしまいます。

一方、専門業者なら桁違いに使われる種類が違うため大変鮮明になりますし、使用している紙の種類も専門店ならではの高品質な物なので、滲みが無くてそれぞれに素人では真似出来ない光沢があります。

また、アイディアが定まっているのならデータのみを持ち寄ってオーダーすれば良いですが、方針を含めて何も決められていないのなら力を入れていることを伝えるようにしてください。

新商品であれば従来品と比べてどういった違いによりより良くなったのかを示し、サービスを提供する営業チラシなら料金の安さを前面に出しつつ、行われる事柄が多くてクォリティが高いのに安いという比較要素も入れるようにします。

このように初見の者は単体で見ても良さには気がつけないものだと意識し、比較になる情報も忘却しないで組み込みます。