カフェ・居酒屋・飲食店のロゴデザインを作成する時のポイント

飲食店に出入りする方の大部分は落ち着いた空間で美味しいコーヒーや軽食を楽しむ事を目的としていますが、中にはオーダーした物をお供にして思い思いに作業に従事したいという方も少なくありません。

しかし、店主の方針や他のお客様の思いは千差万別なので、着手したい事柄がお店に適しているのかがわからず、悩んだ末に入店を諦めてしまう事例もあります。

そこで、話しかけるわけではなく常にそこにあるだけでコンセプトを示し、店内に足を運ぶきっかけになるのがロゴであり、店に入る前のイメージはロゴで決すると言っても過言ではありません。

 

好き嫌いよりもコンセプトに沿ったロゴデザインを

独立して自分がオーナーのお店を手にした時、カフェやレストランのイメージとは無関係であるのに、思わず日頃から好きなデザインを示してデザイナーに看板を依頼してしまいがちです。

ところが、店内の様子とは無関係な物だとあくまでもコーヒーなどを口にしながら、しばしの時間休憩するスポットとしか捉えられません。

他店との差別化を図るのも難しくなることから、生き残りを重視する意味でも店に入る前のイメージはロゴであると意識し、限られたマークの中に全体像を落とし込んでみましょう。

 

ロゴデザインを外部に依頼するのも手

近年はスマートフォンやパソコンを持ち込んで、飲食店にてお仕事を進める方も増えていますが、そうした方々を取り込みたいのならお仕事に特化している様子が一目でわかるようにデザイナーに依頼します。

出先でインターネットに接続するのに欠かせないWi-Fiのマークを盛り込んでみると、利用のニーズに適しているのが一目でわかりますし外国人にもわかる幅広い規格に対応できるロゴなら、集客を倍以上に増やすことが可能になります。

また、イタリア料理といったようにピンポイント的な料理を提供しているものの、あからさまにしたくないのなら国旗などに用いられていて、知っている方が見た場合に直感的にわかるカラーリングを採用してみると、お洒落かつ押し付けがましくなくアピールできます。

カフェ 飲食店ロゴ作成

飲食店・レストランのロゴマークなどの制作依頼

デザイン制作料金

各種グラフィックデザインの依頼について

広告代理店 デザイン会社

広告制作デザイン事務所に依頼

デザイン作成料金の相場について

チラシのデザインや、イラストのデザインなどの作成を依頼したいと考えたときに、その料金相場が気になるものです。しかしデザイン作成料の相場といっても一般的な価格は存在しないといえるでしょう。まずはチラシなどのデザイン料金の相場です。多くの場合がA4サイズの場合一面につき、1万5千円から3万円ほどとなっています。しかし素材の有無やキャッチコピーの有無、期限や修正回数などで大きく変わります。

サークルや部活のロゴデザインを作成するメリット

大学のサークルや部活などにおいて、そのサークル、部活のロゴデザインを作るケースがあります。これを作ることのメリットとしては、いくつかのことが考えられます。まずは一体感を出すことです。サークルや部活の中には部員であることを示すためにお揃いのジャージ、ユニフォームを制作する場合があります。その時にロゴデザインを使用することで、モチベーションを高めるだけでなく、自分たちが仲間であることを示しあうことができるようになります。

 

デザイン事務所と広告代理店の違い

街中にある壁面や屋上にあるスペースには広告を掲載する事ができ、常に様々なデザインが施された作品が掲載されていますが、貼り出すまでには複数の業者が携わっており、その中でも直接関わりを持っているのがデザイン事務所や広告代理店です。この二つはよく似ていて混同されるケースも少なくないですが、実際は明瞭な立場上の違いや業務の差異点が存在します。広告代理店は一言で言うのなら橋渡し的存在となり、広告物を出す計画がある企業と掲載可能なスペースを有している組織を繋ぎ合わせて仲介します。

 

営業資料(チラシ)はプロに作成を依頼しよう

毎日隙間時間が無い状態で業務が進められているのに、上司などから急を要する営業チラシの作成を求められた場合は向き合う時間が確保できず、普段の業務もしくは営業チラシのどちらかが疎かになってしまいます。良い案があったとしてもコンピュータの操作が苦手であれば時間を取ってしまいますし、逆に案が浮かばなければ時間だけが過ぎ去る上に、その分大量の用紙を手配したりインクの準備をするのにも遅れが生じ、全てがままならなくなります。